1. ホーム
  2. スポーツ/アウトドア その他
  3. スポーツ/アウトドア その他
  4. Gravity ロングスケートボード ロンスケ
Gravity ロングスケートボード ロンスケ

商品説明

長  さ:120cm
最大幅:22cm
ホイール径:73mm

通常使用による傷はございますが、まだまだ活躍できると思います。
状態は画像にてご判断ください。
大型の商品のため、梱包材に包んで発送させていただきます。

中古品のためノーリターン、ノークレームでお願い致します。

#スケートボード
#ロンスケ





商品情報

カテゴリ スポーツ/アウトドア
› スポーツ/アウトドア その他
› スケートボード
kaito様専用 4月17日まで取り置き中

現在、弁護士事務所や社労士事務所のIT顧問を行なっていますが、今時のお客さまは色々と勉強されていて、様々なクラウドサービスを利用されているケースが多いです。
ただ裏を返すと所内のクラウドサービスがサイロ化しており、情報管理やコミュニケーションが散在しているケースも多いです。
このような現場に途中から入って、各種サービスを整理することも多いのですが、実際に始めてみるとなかなか大変な作業です。
一通り整理し終えて所内の情報がスッキリし出すと「こんな事なら開業時に初めからお願いしたかった」との声を多くいただきます。
ということでこの度当社では新サービス「カイギョウ(士業向けの開業支援サービス)」をリリースしました。もちろんクラウド100%です。
各種アカウント設定などの初期設定、操作方法、使い分けなど、開業当初から所内のスケールに合わせてご提案します。IT専門家が顧問のようにいるつもりでいつでも相談可能です。
ただでさえ忙しい開業準備、IT周りを丸っとお任せいただけます。


ITインフラ(ファイルサーバー、メール、自社ドメイン管理、カレンダー)
Google Workspace を利用します。これはグーグルの各種サービスを法人向けにパッケージしたもので、マイクロソフトなどの類似サービスと比較して管理システムがシンプルで高機能。これ一つで基本的なITインフラは全てカバーできます。1名600円/月
オンライン会議
Zoomがおすすめです。シンプルな操作性と相手側の利用シェアも高いです。
TeamsやGoogle meetは多機能すぎるのと品質もZoomと比較すると見劣りします。
顧客、案件管理などのCRM/SFA
kintone がおすすめです。
よく比較される Salesforce は元々が大企業向けということもあり、機能が多すぎてかつ高価なので使いきれないケースが多いです。
契約、蔵書、備品管理などの台帳管理
kintoneがおすすめです。自社の業務に合わせた各種台帳が手軽に作成できます。
チャットや情報共有
こちらもkintoneがおすすめです。チャットワークやSlackもありますが、チャットツールはどれか一つに絞らないと情報が散在して「あれどこに書いたっけ?」という事になってしまいます。
顧客管理や台帳管理にkintoneを採用したならば、チャットもkintone上でやれば情報が集約化できますし、コストもかかりません。
kintone使用料金 1名1500円/月
「カイギョウ」サービスは、上記利用料に加えて、初期費用10万円、IT顧問料3万円/月(所員10名まで)で承ります。
初期費用内で、上記の環境設定、アカウント設定を行い、IT顧問料の中で継続的に各種設定変更やアカウント追加作業を行います。
また、自社向けにカスタマイズしたアプリを作りたい場合も、顧問料の中で相談をお受けします。
クラウドツールは利用の手軽さから手軽に始めてしまえますが、実際に運用を始めると各サービスとの整合性を取ることが難しく、開始前にきちんと整理して導入しないとせっかくの便利ツールが誰にも使われないといった状態になりかねません。
カイギョウでは自社の利用シーンや課題に合わせた提案から導入、運用までをトータルにサポートいたします。

2019年ぐらいからIT業界のバズワードとなった「RPA」ですが、安易に導入すると現場の負荷を高めてしまい想定の効果が出せない結果になります。
導入当初こそうまくいったように見えたRPAも、運用保守フェーズにはいって2年目、3年目に入ると、基幹システム側の変更によるシナリオ変更や、RPAツールのバージョンアップによる再テストなど、トータルコストが見合わなくなる可能性が高いです。
社内の偉い人が「働き改革をなんとかせんといかん、RPAが効くらしい、検討せよ!」というメッセージを現場に投げて、なんだか分からないうちにRPAツールを使うことが目的化し、余計現場が疲弊してしまうという悲劇が既に日本中で起き始めているようです。
コンサルティング会社やITベンダーも、自分自身すらよく使ったことがないものを、さも最先端技術のような見せ方をして販促している例も散見されます。嘆かわしい限りです。
業務現場の自動化、というRPA自体の考え方は全く問題ありませんが、それをRPAツールという手段だけで解決しようとする今の流れは危険としか言いようがありません。
RPAという業務の自動化を進めるにはどのような手段が適当なのか、RPAツールは手段の一つにはなりえますが、本質をわかった上で利用しないと冒頭説明した運用地獄に陥ってしまいます。
ではそもそもRPAツールとはなんなのか、という話です。
RPAツールは、Windows OS上で動くエクセルや業務アプリケーションを、OSのインターフェース経由で操作を可能にしたツールです。これにより、これまではマウスやキーボードといった入力インターフェースを経由しないとできなかったアプリケーションの操作を、あたかも人が操作するように自動的に動作させることができるのです。
今まで人がパチパチと人の手で操作するしかなかったアプリが、キビキビと自動的に処理をすすめる様子を見た業務現場の人は「なにかスゴイ技術が開発され世に出てきた!」と思うようですが、これまったくの誤解です。
技術要素という面では、20年以上前から同様のことは実現可能でした。しかも無償のツールでです。
それはVBA(Visual Basic)やPythonというプログラミング開発環境です。マイクロソフトはOfficeにバンドルさせてVBAを配布していますが、これによりRPAと同等のことが行なえます。 スポーツ/アウトドア その他Gravity ロングスケートボード ロンスケスポーツ/アウトドア その他

【安全・飛ばない大人のスケボー】カービングのオフトレにおすすめ【スノーボード×ロングスケートボード】サーフスケートとカービングターン向けロンスケの違いをスノーボーダー目線で解説 YOROI HEVEN 【ロンスケ】超基本の乗り方解説! 【格安でも十分楽しい】ロングスケートボード紹介【3500円~】 【検証】サーフスケートを長い板に変えたらどうなるの? 飛ばないスケボー入門1初心者や女子におすすめロンスケの練習方法 乗り方・降り方・転び方の初めてのコツ【上達するための方法】サーフスケートにも応用OK スノーボードレッスンプロのオフトレハウツー動画 ロングスケートボード お気に入りトリック 【ロンスケ解説】ロングボード初心者にオススメの簡単トリックを5つ紹介 【ロンスケ解説】ロングボード初心者がまずやるべき基礎練習! サーフスケート【4モデル乗り比べ】カーバー、OBfive、グラビティ、surf skate 弾き語り配信 11/11 レトロリロン Talk&Live【SOL!&CDJ22/23出演記念】 ビーフリーズショートビルライズアップ/予約開始前LIVE動画 旧西武百貨店・元社長「百貨店自体の価値毀損に」ヨドバシカメラ入居案に強く反発 「そごう・西武」売却決定|TBS NEWS DIG 【ノーカット】“死刑のはんこ”発言 葉梨法務大臣 辞表を提出|TBS NEWS DIG Los Angeles, with umbrella 【ロンスケ】トリック解説: FS Pivot (フロントサイドピボット) 【LIVE】ドイツからライブ配信🇩🇪晩秋の夜まったり一緒に過ごしませんか💗 【スケボー vs ロンスケ】ロンスケ日本チャンピオンとの一騎打ち! 【0円でも劇的変化】ロンスケ買ったら乗る前に改造しよう 【ロンスケ解説】ダンシングをしたいならまずはこれだけ!基礎ステップの特徴と解説 【ロングボードGRAVITYライダー】IMANISHI RIKIYA/ロングボードで縦コーン飛べるか検証もしてみた/激ヤバ

エクセルのマクロという言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それをより高度化したものがVBAやPythonです。マクロがやってるのはエクセル操作の自動化ですよね?あれと同じようなことが、他のアプリケーションでもVBAを使えばできるのです。
つまりわざわざRPAツールを買うこともなく、業務の自動化はVBAを使えばできるのになぜVBAを使った自動化は広まらなかったのか。それはVBAで自動化を行うにはプログラミングが必要だからです。この敷居の高い「プログラミング」の必要性が自動化を阻んできたのがこれまでの業務現場でした。
そしてこの「プログラミング」を必要とせずに自動化を実現するツールとして出現したのがRPAツールです。RPAツールは「ノンプログラミング」で「GUIでフロー図を作るだけ」で業務アプリの自動処理を実現する、という触れ込みで昨今のRPAブームが出現したのです。
そしてこのコンセプトが働き方改革ブームとうまくマーケティング的な相乗効果が発生して今日のRPAブームに繋がったといえるでしょう。
たしかに、簡単な処理であればプログラミング経験のない人でもRPAで「自動化っぽいシナリオ」は作れます。しかし、実際の業務現場で使えるシナリオを作るには、変数の考え方、ループ処理や条件分岐、エラー処理などのプログラミングの知識が無いと、実用的な自動化ロボットは作成できないという事実があります。
実際、この概念なしに業務で使うシナリオを作成しようとして大きな壁にぶつかったか方も多いのではないでしょうか。
シナリオ作成を業者に依頼することもできますが、基幹システム側の変更やRPAツールのバージョンアップによる修正やテストなどのたびに、業者に高いコストで依頼する必要が出てくるでしょう。
そうなるとやはり自社でRPAのツールを使いこなす人材が必要になります。そしてRPAを使いこなせるスキルとは、プログラミングスキルそのものですので、わざわざRPAツールを導入するよりも、VBAやPythonで作ってしまったほうがコスト的なメリットは出せるでしょう。加えて、RPAツールに依存する部分を減らせるので運用保守に掛かるコストも減らせることができます。
職業プログラマレベルのスキル(例えばDBやWebサーバの知識)までは必要としない「業務プログラマ」を育成することが真の意味でのRPAを実現する鍵となるのです。業務プログラマであれば経営が意思入れをすれば育成のハードルはそこまで高くありません。
今後確実に到来する「RPAへの失望期」の先には、こういった業務プログラマを育成するマーケットが生まれていると予想しています。そして企業内の業務プログラマはデジタル人材として重要なモデルになっていくでしょう。

  1. 同一IDのWebhookイベントが複数回発行される
    1. 1、2分おきに3回ほど同一のWebhook(例えばorder/create)が呼ばれる
  2. イベントの時系列は保証されない
    1. order/createが呼ばれてからのorder/paidが呼ばれる、と思っていたがどうやら順不動でくるよう

kintoneを導入されている会社さんを何社かみていると「通知」をうまく使えていない企業が多いことに最近気づきます。
kintoneの通知には2種類あり、ポータル上に表示される通知(左上のベル)とメールによる通知があります。
kintone上で全ての情報のやり取りを行い、タスクが完了するたびに常にベルに表示される通知を消し込んでいく方法が理想的ではありますが、現実には企業内にはkintone以外の様々なツール(チャットワークとかSlackとかConfluence / Salesforceとか)が存在しているので、やはりメールによる通知を使うのが現実解のようです。
しかし、ただでさえメールが溢れかえっている現場にkintoneのメール通知が増えだすとそれだけで拒絶反応が返ってくることが多いようです。
こうした現場には、そもそもの「メールの使い方」からレクチャーしていく必要があります。
具体的には「受信トレイ」には自分のタスクしか残さないようにすることです。自分のタスク以外のメールはアーカイブするか他のフォルダに移動します。
特にkintoneやチャットワークなどの通知メールは「なんか来てるな」ぐらいの感覚で「DELキーで即ゴミ箱行き」が正しい使い方です。
こうすることで受信トレイはTODOリストだけになりスッキリ、kintoneにアクセスしたらベルの通知をみてタスクを処理していけるのでメールとkintoneが共存できます。
ただ最近はTeamsの存在が大きくなってきました。Teams自体は決して使いやすいツールだとは思いませんがあのマイクロソフトがガンガン世界展開しているため、ジワジワと企業内のシェアを伸ばしています。Slackのシェアを抜き去ったのも最近のことでした。
そしてこれに伴って「kintoneの通知をTeamsに連携したい」という要望も増えてきました。今回はその事例をご紹介します。
  • スポーツ/アウトドア その他スポーツ/アウトドア その他1円 1スタ GRAVITY グラビティー ロング スケートボード 全長約119cm

  • スポーツ/アウトドア その他スポーツ/アウトドア その他グラビティードロップキック43 ロンスケサーフスケート 下部温泉2012

  • Gravity ロングスケートボード ロンスケ
kintoneのコメントの書き込みイベントは用意されていないため、Lambdaから定期的にkintoneレコードのコメントを取得します。
取得したコメントはそれを保存するための「コメント管理アプリ」に登録していきます。この時、コメント管理アプリのWebhookを使ってLambdaにレコード追加イベントを発火します。
Lambda側で受け取ったイベントを元に、コメント管理アプリからTeamsに必要なコメントを取得して、今度はTeamsのWebhookへそれを通知します。
今回のケースでは、kintoneのメンション宛先に従って、TeamsのどのTeamにメッセージを振り分けるかやコメント内容の変換方法など、細かい要望にも対応しました。
TeamsのWebhookはアプリを追加することで簡単に取得できます。
LambdaからTeamsにコメントを飛ばすには以下のコードでできます。シンプルですね。
title = “ここにタイトルを書きます”
text = “ここに本文を書きます(例えばkintoneのコメント)”
payload= {
   title:title,
   text:text
}
webhookUrl = “{Teamsで取得したURL}”
r=requests.post(webhookUrl, json=payload)
様々なツールの通知先を一元管理したいというニーズは多いので、より汎用的に使える”コメントハブ”のようなツールは今後どんどん出てきそうです。ただ最後はどうしても企業や業務現場に合った通知方法が求められるため、今回のような細かい要望に対応できるカスタマイズも一定のニーズは残りそうです。
ーーーーー
追記:
kintoneアプリのWebhookに「コメント書き込み時」というイベントがあることがわかりました(なんたるドジ)。
このため上記のような構成ではなく、kintoneのwebhook -> Lambda -> Teams というよりシンプルな構成で実現できました。

sam build –use-container をすると下記のエラーが発生。

sam build –use-container –debug の結果を調べつつ色々とハマっていたが、どうやらgoogle apiの中で使っているprotobufというモジュールの互換性が合わないようだ。 Rat Fink ラットフィンク ステッカー 20枚セット PVC 防水 シール
新品未使用 アスクルナット ワッシャー ベアリングスペーサー スケボー
S<税送料3980円込>WOODY PRESS 有名コラボ キャリーバッグ
NEW ERA - NEWERA. SANTA CRUZ フリーサイズ 未使用 自宅保管
ジェイボード リップスティック デラックスミニ 
ペニー Penny 22インチ スケードボード

スポーツ/アウトドア,スポーツ/アウトドア その他,スケートボード


protobufのリリース履歴を確認しつつrequirements.txtで指定するバージョンを下げたら

protobuf==3.15.8
でbuildが通るようになった。
お役に立てればこれ幸いです。

あるクライアントさんで「キントーンの受注データをマネーフォワードへ連携して請求書を作りたい」というご要望。
kintone – MoneyForward連携はすでにプラグインサービスとして存在するのですが「初期費用10万円、年間18万円で途中解約不可」というなかなかのお値段設定のため当方に相談がありました。
キントーンはライセンス料が大変安価でお得なクラウドサービスですが、ことサードベンダーが出すプラグインはその価格差が目立ってしまうほど高く感じます。(本体よりオプションが高いんかい!という声をよく聞きます)
しかし、ベンダーサイドからすると、開発や保守コストを考慮すればこれらの価格も決して高いとは言えない実情もあります。
キントーンが安すぎる故にプラグインの高さが目立つ、という構造があるのです。
要因としては、キントーンはビジネスとしてすでに「クラウドの谷」を抜けており、あとは売れば売るだけ儲かる利益構造のため、サイボウズ社としては広く薄い商いが可能となっていることが挙げられます。いわゆるストックビジネスが完成されている。
また、サードベンダーも会社規模が大きくなるほど自社のビジネスボリュームに応じたプライシングをする必要があったりという内情もあります。(実はお安く提供できるプラグインも、社内のお偉いさんから「そんな安い金額でうちのビジネスになるかいっ!価格上げろ!」と言われるパターン)
ですので、現在キントーン界隈でウケている(売れている)プラグインは、これまで聞いたこともなかったような個人や数人規模のベンダーであるケースが多くなっています。彼らは規模は小さくてもその技術力で良質なプラグインを安価に提供できるためです。
例えば当社では、今回の連携システム規模であれば、初期費用1〜2万円、月額5,000円〜10,000円程度で提供しているほどです。
業界的にあまりにも廉価なサービス提供はITビジネス全体を阻害する、という声もありますが、需要と供給で価格が収斂されていく経済原則には逆らうことができない時代がきているのかもしれません。こうしたITの民主化により、特に図体が大きくて個々人の技術力(作る力)がないベンダーは今後ますます淘汰が進む気がしています。
今回の開発のポイントは、マネーフォワードのAPIがOAuth認証であり、キントーンとマネーフォワードの間にAWS Lambdaをかまして、認証トークンの受け渡しとトークンの有効期限をリフレッシュする機構を構成したことです。(トークンの保存場所はDynamoDB)
Gravity ロングスケートボード ロンスケ
これにより、キントーンの受注アプリで「請求書ボタン」を押すと、請求対象のレコードにおける受注データがLambdaに飛んでいき、マネーフォワードへ請求書作成要求がされるようになります。
これまでキントーンからマネーフォワードへ受注データをコピペした作業が不要になり、キントーン上から簡単に請求ステータスが確認できるようになった事例でした。
追記:
MF連携に関して多くのお問合せいただきありがとうございます。こちらのコメント欄に記載いただければ折り返しお返事いたします。その後、Zoomで概要確認 -> お見積り -> ご発注後1.5ヶ月程度で利用開始、という流れが標準的です。

VSCodeのプラグインであるAWS Tookkitを使ってlambdaのローカルでバッグやデプロイを快適にしていたのだが、特定のパッケージが読み込めなくなってしまった。かなーーりハマったのでメモ
エラー内容
Building SAM application…
Running command: (not started) [/usr/local/bin/sam build –build-dir /tmp/aws-toolkit-vscode/….
Building codeuri: . runtime: python3.8 metadata: {} functions: [‘funcname’]
Running PythonPipBuilder:ResolveDependencies
Build Failed
Error: PythonPipBuilder:ResolveDependencies – {python-docx==0.8.10(sdist)}
今回はたまたまpython-docxでつまづいたがググるといろいろなパッケージでも同じような現象が起きている模様。
解決策は「AWS Toolkitを使うのをやめてコマンドラインで実行」でOK。(おそらくToolkit内のバグ)
ビルド
sam build –use-container
[–use-container] が超ポイント。Docker コンテナ内でビルドをしてくれるようになる。
ローカル実行
sam local invoke funcname
デプロイ
sam deploy -g
その他のsam関連のコマンドがこちらにとってもわかりやすくまとまっていましたのでシェアしておきます。
今回の教訓:
複雑なコマンドをうまく隠蔽してくれるツールはとっても便利ではあるが、一枚レイヤーが被さるということはそのレイヤーの中身にも責任が生じる、ということ。
ツールの開発者も「なんかあったらコマンドでやれや」という心理があるやなしやで問題も放置されがちなんでしょうね。
おそらくRPAも同じ問題内包しているはず。ノンプログラミングで〜はいいけど、いざ何かあったらRPAツール自体のバグに苦しむケースが多そう。
RPAをバージョンアップしたらしたで全シナリオのテストどうすんの?などいろいろ闇が深そうである。
できるだけネイティブで行こう。
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial